二歳の娘に、秋用の新しいパジャマを買いました。

お出かけした帰りに、ふと、娘の秋用のパジャマがないことに気付きました。
去年の秋冬用のパジャマは既にサイズが小さく、着てもギリギリの大きさでした。
子どもの成長は本当に早いですね。

お出かけからそのまま、家の近くの大型デパートへいきました。
娘と3ヶ月の赤ちゃんは車で爆睡でした。
娘が主人に起こされると、だいぶ眠そうでご機嫌斜めでした。
しかし、「新しいパジャマ買いにきたよ」というと、眠そうな目がカッと開いて、一気に覚醒していました。
一昨日くらいに、新しいパジャマを買うことを約束していたからです。

目的のパジャマ売り場は把握していたので、すぐに移動しました。
しっかりパジャマはありました。
サイズも、奇跡的に娘のサイズが1着だけ残っていたので、すぐに購入しました。

夜、お風呂上がりにさっそく新しいパジャマをきました。
若干ブカブカですが、ワンサイズ小さいとキツくなってしまうので、仕方なく足の裾をまくって着ています。
とにかくご機嫌な娘でした。