プロ野球選手の光と影、浅尾拓也と岩瀬の背中。

プロ野球界で松坂世代と呼ばれる選手らの今シーズンかぎりで引退のニュースが非常に多いと感じている。そして、今年は松坂大輔が中日ドラゴンズにテスト入団を果たした年である。個人的にはここまでの活躍は期待していなかった。松坂が入団したことですべての選手に影響が出た。結果はセリーグ6球団で5位という情けないものであったが、四番ビシエドの首位打者タイトルの獲得や平田の打撃の変化など実りも多かったシーズンだった。今年のドラゴンズで一番の注目であったのが投手陣の整備であったが、やはり難しかったようだ。過去の強かった頃はセットアッパー浅尾拓也、ストッパー岩瀬の存在があり、盤石だった。終盤での失点の少なさこそが一点差ゲームを勝ち抜いてきた最大の要因であったと言える。その浅尾と岩瀬の今シーズンかぎりの引退が決まった時はあまりの驚きに声も出なかった。岩瀬は1001登板という前人未到の大偉業を成し遂げた。一番注目していた浅尾の去就だったが、彼もまた完全燃焼だった。フォーク・パーム・カーブ・チェンジアップ。かつての剛速球が使えなくなった分、投球にも幅が出た。故障した肩への負担を軽減するために人の倍以上走り込んで、より変化球のコントロールを磨いた。すべてのボールを試した結果、超一流のバッターには通用しないと思った。とても潔かった。浅尾や岩瀬の野球に対する取り組み方こそがプロフェッショナルベースボールの流儀であるのは間違いない。全身脱毛 サロン ランキング